お知らせ

7月1日より人数制限を設けて、例会を開催いたします。
新規で参加ご希望の方は、フォームからお申込みください。
詳細はこちら

ギャラダンBLOG

バリエーション突入!魅惑のスイッチバックで困惑💦 の巻

平日の昼ビールは美味しいですね、今日もグラス片手(両手?)にご機嫌なユリアです🍻 ☺

さて、ルンバ講習ももう3週目。今週からはいよいよ魅惑のバリエーションに突入です‼
小和田愛子先生に教わって、みんなもバリエーション絶好調✌ ・・・・とはいきませんね~😅 💦
やばいです。バリエーションに入った途端、みんなの動きが硬直気味に。迷いがウォークにもクカラチャにも反映されて、なんだかぎこちない。。。
さすがの愛子先生も困惑の表情😱

『ねえ、なんかみんな石像になってる‼ 肩甲骨動かして!しっかりクカラチャして!』

フロアに愛子先生の温かい檄が飛びます。(ヤングサークルのはず!みんな頑張るのだっ😆 )

さて今回最大の難関は『スイッチバックからウォーク』の流れ。
スイッチバックは競技会なんかでもよく使ういわばバリエーションの王道ね。
これに愛子先生ならではのうっふんな💕 味付けがほどこされたウォークと、難易度高めルーティンが続きます。
先週のビッグカールと合わせてポイントを振り返っってみましょう!

今週のレッスンのポイント

スイッチバック

その名の通り(スイッチバック:ヘアピンカーブや傾斜道など、限りなく直線的に方向転換して折り返すこと。
鉄道でも見かけますね)、女性が進行方向を瞬時に変えて戻ってくる決まるとカッコいいwステップ。

▼スイッチバックしたところ。男女向かい合った状態から一瞬で女性は反対向きになるのが特徴。

女性のステップが難しいので、まずは女性中心に解説します。
クカラチャ後、男女向かい合った状態から(カウントは参考程度にね💦 😅 )

1)右足を引き寄せて後退、体重移動を始める
2)オープンベーシックだとカウント2で体重を完全に右足に乗せるのだけど、ここでは右足に重心移動すると同時に右足を軸にしてクルッと左半回転。さらに回転と同時に左足はすっと後方へ伸ばします。(ここ動きが早いです‼ )
3)カウント3&で、伸ばした左足に体重を戻すと同時に、右足を引き寄せてこれを軸に右半回転
(ここも一瞬で切り替わります‼ )
4)カウント4で左足を1歩出して前進ウォークを開始

スイッチバックでの男女ポイント

・女性は、反対へ向く時に右肩が回ってしまうことが多いので、しっかり元の位置にキープ
・男性は、基本的にオープンベーシックの時のチェックバックと動きは同じなので、女性が振り向くところでは、前に行きすぎずにしっかりチェックしてとどまるようにしましょう。じゃないとテンションがなくなって女性は前に倒れ込んでしまうことに💦
・男性は、もう1つ、女性が振り向く時についつい手を回してリードをしてしまいがちなのだけど、スイッチバックだからといって回してリードする必要はありません☝ 通常通り直線的なリードでOKです。

スイッチバック後のウォークもバリエーションらしく、ちょっとした装飾を教えてもらいました。
1)カウント2で女性はしっかり前進。男性と接近してます
2)男性は前進する女性を受け止めるように少し腕・胸を張ってディレイドのきっかけを作ります
3)女性は(きっかけを与えられたら)&で上体を少し後ろに戻してディレイドします

▼男性は胸を張って女性を上体全体で受け止めます(スイッチバック後のウォークのところ)

ビッグカール

男性:腕の動きが小さいので、大きく両腕を一筆書きで円弧を描くように
女性:しっかり右足前進してから(左手前方に伸ばすと○)、右手右脇を伸ばして回り始めます。
回り始めが早くなりすぎないように

ファンポジション

ファンの足の切り替えは女性の色っぽさの見せどころ。ファンでは、左ヒップ・右ヒップの順に腰を入れる動作がありますが、今回は愛子先生が動きに緩急をつけた2つのバリエーションを紹介してくれました。
ポイントはクイックな動作をどこにもってくるかの違いね☝

1⃣ 前半ゆっくり後半すばやくパターン
右足を伸ばしたままゆっくり左側に寄せる。右ヒップを入れるところでクイックに切替えます
2⃣ 前半すばやく後半ゆっくりパターン
左ヒップを入れるときに素早く!この時右足に踏み替える過程で一瞬つま先立ちになります

どちらのパターンも緩急をしっかりつけるのがポイントね😉

動画もあります、ぜひこちらもご覧ください。

向かい合ってうっふん💕ウォークの練習ちゅう^_^

▼愛子先生にファンポジションの極意を学ぶ女性陣‼️

来週で、みんな大好きルンバも残すところあと2回です
バリエーションの続きと踊りこみに乞うご期待‼
ではまた水曜日にお会いしましょー。あでゅー💋

TOP