お知らせ

7月1日より人数制限を設けて、例会を開催いたします。
新規で参加ご希望の方は、フォームからお申込みください。
詳細はこちら

ギャラダンBLOG

待望‼森田銀河先生に教わるルンバは超濃厚! の巻

こんばんは、ラテンブログ担当ユリアです💋
ふっふっふ、久しぶりの銀河先生登場!いよいよ待ちに待った
銀河直伝★ルンバベーシックです😆

先週の愛子先生に続き、今回もとーっても内容の濃いルンバ講習となりました‼
銀河先生曰く、今週のテーマは『男女の距離感・コネクション』なのだけど、サークルでここまで細かくコネクション教えてもらっていいの?ていうぐらい充実してました。逆に、皆んなついていけてる?💦 って心配になったりして😅

では、さっそく今週ポイントを振り返ってみましょう☝

今週のレッスンのポイント

ルンバといえば『寄せては離れる男女の空間の変化』が特徴的。
腕ではなく、ボディの動きで2人の空間に距離感が出てくることを意識してみてね。

まずはオープンフェンシングからワンポイント👈

・女性は、左足1歩目後退は足を後ろにつくだけ。この時右胸は前方に残したままなので男性との距離がグンっと縮まります(超接近!するぐらいで丁度○)

・男性の左足前進に合わせて、女性は右足後退。
ここで体重が右足に乗り切ったら腰と肘を寄せることを忘れずに!(先週の愛子先生のレクチャーを思い出しましょー👈 )

▼しっかり接近してます😍ぐー👍

■オープニングアウトは男性のリードあってこそ⁉

オープニングアウトの女性ディレイドウォーク。
銀河先生曰く『(男性がリードしたからこそ)女性がディレイドウォークしたように見せるw』ことが重要っ😆
そもそも女性のディレイドウォークは、足をワンテンポ先行して前に出し(&)、そのあとカウント4で体重をのせて前進します。
言い換えれば、足出した瞬間は女性の体は少し後ろにある状態。
そう!この状態を作り出すのが男性の役割です☝

女性の体が少し後方に傾くからこそディレイドが生まれるので、男性はクカラチャで女性と近づく時にグッと腰を入れてこの傾きをつくり出してね。

▼銀河先生の『傾きをつくり出す』お手本💕

ファンポジションのコネクション大分解‼

銀河先生:『細かくいうとここのコネクションは、プッシュ・フック・プッシュ』
サークル員:『・・・(ざわざわざわ。。)あれ?できない💦合わない』

あまりに繊細すぎて、みんな右往左往(^_^;) でも銀河先生、さすがトッププロ。
丁寧に1つ1つ分解して教えてくれます。
文字で伝える自信はないので、ここではエッセンスだけ紹介してみます!
(あとは自力でなんとかしてね😅 )

・コネクションの基本はボディにあり。ボディ(特にヒップ)が動いたことによって結果としてプッシュやフックが生まれマス。

・ファンに開く直前はお互いの腕の距離は保ったまま胸を寄せます
(ここでプッシュが生まれる

・ファンに開いた直後は男性は右足体重、女性は左足体重。ここでポイント☝ 男女ともに体重が乗っていない方のヒップを高く上げます
(この時2人の間はMAXに離れているのでフックの状態が生まれる

・このあと、女性は左ヒップを入れて足を踏み替えて右ヒップを入れます
(このヒップの入れ替えの過程で一瞬プッシュの状態が生まれる

どうでしょう?コネクションというと腕のことばかり考えてしまいがちだけど、実はボディが動いた結果、腕にそれが伝わるだけなのよね。言うのは簡単だけど、なかなか難しい。
練習あるのみね😉

▼コネクションしっかりできてるかな??😄

<いまどきスイブル>における男性の役割は⁉

先週コンティニュアスヒップツイストで、女性のスイブルは思い切り左ヒップを左に入れて体を傾斜させるイマドキのやり方を習ったけど、男性はなーんにもしてない人多かったんじゃないかな?😄

・このイマドキ★スイブルでは、男性も普通にリードしていたのでは不十分🙅
女性がスイブルで腰を入れやすくなるように、左のホールドを下げて傾斜をつくり出してあげるのが男性の仕事です。
お互いにうまくハマると見た目も踊った感じもとても格好いいのでぜひ試してみてね。

ルンバって奥が深い!!でもそれだけにうまくお互いのコネクションを感じられた時はめちゃくちゃ気持ちいいですよね。先生に教わったポイントを思い出しながら、ぜひ練習してみてね。

それにしても、ギャラダンの良さって、銀河先生と愛子先生が交代でレッスン受けもってくれているので、それぞれの視点から男女両方の動きを説明してくれる点だなあ、って常々思っているユリアです☺

今から来週が楽しみ💕 それではまた水曜日にお会いしま
しょー。あでゅー💋

TOP