お知らせ

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、
ギャラクシーダンスクラブでは5月31日までサークル活動を休止いたします。
詳細はこちら

ギャラダンBLOG

ギャラダンタンゴ☆最終週☆

こんにちは。
本日のブログ担当のヌカです。よろしくお願いします!
さて、今週はタンゴ最終週ということで、ルーティンの初めから終わりまでを通して練習しました。

3週目までにルーティンが完成していたこともあり、みなさんルーティンは完璧!!ギャラダン史上最高の出来だったのではないでしょうか??

◆講師:森田飛鷹先生
◆参加者: 29名(男性15名 女性14名)

今日のポイント

①迫力満点プロムナードタップのコツ!

タンゴでよく使われるプロムナードタップ。
一見単純な動きで簡単そうに見えますが、いざやってみるとなんかカッコ悪い……。そんな経験ありませんか??
このステップのポイントは「足は止めてもウェイトの移動は止めないこと」です!
ウェイトの移動まで止めてしまうと、勢いを殺してしまい、曲にも間に合いにくくなってしまいます。タップして足の動きが止まった瞬間でも、常にウェイトを前に進めながら踊って迫力あるプロムナードタップを目指しましょう♪

②すっきりした足技のコツ!

かっこよく見える足技(ファンタップ〜ホイスクタップ〜クォータービーツ)のコツはずばり「上半身かブレないこと」です!PPのポジションをしっかり維持しつつ、あばらから上を引き上げて踊りましょう!!

上半身が落ちたりブレたりしてしまうと、ガチャガチャして見えてしまいます。ひざ下でアクションすることを意識して、すっきり踊れるになるといいですね。

③リバース回転のアライメント

どうしても内側に入りすぎてしまいがちなリバース回転。どうしたら綺麗に行きたい方向に向かえるのか教えてもらいました!
今回のルーティンの「プロムナードリンク〜フォーラウェイリバース」「ツイストターン〜ヴェニーズクロス」を例に、中央斜めに向かう場合を例に説明してもらいました。

内側に入りすぎないためのポイントは始めるときの角度です!
中央斜めに向かいたいからといって始めから中央斜めに向いてしまうとどんどん内側に逸れてしまいます。そこで、少しLOD気味に始めると自然と内側に逸れていくことで中央斜めに向かえるそうです。

さて、今月のタンゴいかがだったでしょうか?
タップにドラッグにタンゴらしい技が盛り沢山のルーティンだったと思います!今月習ったことを忘れずにキレのあるタンゴを目指していきましょう☆

最後に私事ではありますが、大学を卒業して就職に伴いまして3月いっぱいでギャラクシーダンスサークルとはお別れです。
今回のタンゴが私にとって最後のスタンダードの例会でした。ブログを書くのも最後です。

1年前あたたかく迎え入れてくださり、今日まで楽しく一緒に踊ってくださった皆さん、ご指導してくださった銀河先生、愛子先生、飛鷹先生ありがとうございました!

来月はジャイブの予定です。
月の後半には例会が開催できることを祈って……
みなさんくれぐれも手洗いうがい、十分な休息を心がけてくださいね!

TOP